人気の女子体操競技を観戦!オリンピックの評判を検証してみる

五輪オリンピックで女子の体操種目は男子より2種目少ない、平均台、ゆか、段違い平行棒、跳馬の4種目です。女子ならではの優雅さや美しさが観る人に感動を与えます。私たちを楽しませてくれる体操の評判を検証しながら種目ごとにその観戦ポイントを見ていきましょう。

平均台

巾10㎝の水平面上でジャンプ、バランス、宙返り倒立などを組みあわせて、平衡感覚を維持しながら行う演技で、バランスを崩すと落下のリスクも伴う難易度の高い競技です。男子にはない女子のみの種目となります。

床運動

音楽に合わせての演技もあり、男子にはない表現力が求められます。床運動で評価の高い村上茉愛選手は世界選手権で日本女子初、女子体操競技では63年ぶりの金メダリストになりました。自らも「ゴムまり」と形容するように、ばねのあるリズミカルで力強い演技が定評です。

段違い平行棒

平均台と同じく女子だけの競技です。男子の平行棒とはちがい、棒間を移動する演技があり、芸術的表現が求められます。また、4種目の女子の競技の中で最も動きが激しく、ダイナミックな力強い演技で評判が高い種目です。

跳馬

跳馬の高さは125㎝。25m以内の助走から始まり、跳馬に手をついて飛び越す競技です。着地がピタッと決まる瞬間が印象的で見応えがあります。踏み切りから着地まで、アッと言う間に終わる演技ですがスピードと迫力が魅力と言えます。

オリンピック全体の見どころ

女子体操で評判なのは圧倒的な強さを誇るアメリカ。リオオリンピックでも団体総合2連覇、個人総合でもほとんどの種目でメダルを獲得。東京オリンピックでも連覇や多くのメダル数の獲得が予想されています。続く、ロシア、中国、ドイツと強敵は多く日本が上位を目指すには過去データから弱点を検証し、ミスを少なくすることにかかっています。

2020年女子体操で評判を博しているのは、リオオリンピックで女子団体総合4位に貢献した杉原愛子と寺本明日香です。世界選手権に於いて、ゆか競技で金メダルを獲得した村上茉奈にももちろん期待が膨らみます。強豪アメリカのシモーンバイルは個人総合金メダリストの第一候補として評判が高く注目したい選手です。

まとめ

東京オリンピックへむけて評判の女子体操を見て行きましたが、まだまだ無名の選手が突如現れるかもしれません。大会のルールも検証され改正も行われています。2020年へと近づくほどにオリンピック熱が高まることでしょう。ぜひ、体操女子に注目してみて下さい。

体操ジュニアたちの評判を検証してみる

去る1月に2020年五輪オリンピックの男子体操の強化合宿の様子がメディア公開されました。ジュニアを含むすべての選手が揃った合宿でいよいよ本格的なトレーニングがスタートしたと言えます。男子の種目は鉄棒、ゆか、平行棒、跳馬、あん馬、つり輪の6種目。女子の体操種目は男子より2種目少ない、平均台、ゆか、段違い平行棒、跳馬の4種目です。今回のメディア公開で、内村航平の好調さやキャプテンになった白井健三の鉄棒に励む様子が窺え、どの選手が代表入りとなるか今から楽しみな競技のひとつです。これから無名の新しい選手が現れ、注目を浴びるジュニアもいるかもしれません。次世代を担うジュニアたちはどのように課題を検証しトレーニングを行えばいいのでしょう。その背景を探ります。

ジュニアアスリートを育てるには

①幼少期からはじめる
体操は柔らか体を必要としますので、ほかのスポーツよりも早く始めることが必要です。柔らかな体を作るには小学生からでは遅く、幼少期の際頃からはじめる方がベターと言えます。体操で鍛えた体はスポーツの体作りの基礎になり得るのでアスリートを目指すために最初に取り組むスポーツとしても評判が高いです。

幼少期から体操教室に通い、大会への積極的な参加を目指し強化合宿への参加にまで繋げるとアスリートへの近道となります。日本体操協会の強化選手に選ばれると、さまざまなサポートを受けることができる利点があるのでまずは、近くにどんな体操教室があるか見ておくといいでしょう。

②体操で体幹を鍛える
幼少から体幹トレーニングを行うことで、運動能力を高め怪我をしにくい体を作りあげます。また、成長ホルモンを促するので、身長を伸ばしたいジュニアにとっては有効なトレーニングと言えます。評判のよい体操の体幹トレーニングの注意点は正しいフォームと姿勢で行う、呼吸を止めずゆっくりと行う、無理をせずに行うなどがデータより検証されています。ぜひ、専門トレーナーのアドバイスを得ながら正しくトレーニングを行うことをおすすめします。

ジュニアの体操競技と食事

オリンピックでは体操競技においても、管理栄養士が食のサポートを行ない期間中、選手の大切なパートナーとして重要な役割を果たします。スポーツをするジュニアにとっても、ご家庭での食の管理は十分に注意する必要があります。

ただでさえ成長期にあるジュニアは、激しい運動で更にエネルギーを多く消費しますので、その分食事の量を20%ほど多く摂取するように心がけましょう。その際、糖質とたんぱく質の摂取を増やすことが大事です。エネルギー源となる糖質と筋肉、骨、血液を作るたんぱく質の栄養素が不可欠となります。毎日の3食の食事を検証しジュニアのためのメニュー作りを意識してみましょう。

まとめ

世界的にも評価の高い日本の体操競技。ジュニアの育成には幼少期からはじめる体操教室やトレーニングデータ、成長期の食事についてなどを正しく検証し実践していくことが大事です。2020年のオリンピックに向けて新たなる選手が多く輩出されることが期待されています。

男子体操競技がリオ五輪で復活。評判を検証してみる

2015年世界選手権に続き、2016年のリオ五輪で団体優勝を成し遂げた男子体操。オリンピック3大会ぶりの金メダルは国民を大いに興奮させました。1960~70年代にかけて五輪で5連覇、世界選手権で5連覇という偉業を残した男子体操の復活を思わせ、いやが上にも東京オリンピックへの期待が高まります。2020年開催の東京オリンピック。世界的にも評判の高い男子体操を楽しく観戦するために評判を検証しながら6種目の観戦ポイントを見てみましょう。

ゆか

演技時間は70秒。ルールは12m正方形の4つの角を使うこと。ラインからはみ出さないことです。男子競技には音楽はなく、跳躍力とバランス、力強さを競います。

あん馬

2本の腕だけで体を支え、あん馬の上に手をついてクルクル旋回したり、脚を左右に揺らしたり演技の美しさを競います。高得点のポイントは、あん馬から腰を離して高い位置で旋回すること、落下しないこと、技が止まらないことです。

鉄棒

日本男子体操が得意とし評判の高い種目です。鉄棒の見どころは放し技で、ダイナミックな難易度の高い技で高得点を狙います。落下で技が中断するのは最もNGで、技が止まることや、移行時の体の揺らぎなどが減点対象となります。

つり輪

つり輪を使って空中で静止したり、振動技を見せたりする競技で体操の中で最も筋力が必要な種目と言えましょう。他の種目同様着地もピタッと決めることが重要です。静止技は2秒間。集中力で静と動をコントロールしダイナミックな演技で高得点を狙います。落下やつり輪の交差、回転時の腕の曲がりなどが減点となります。

平行棒

2本の平行棒の上で倒立、回転などの技を競います。旋回や棒を持つ演技、放し技もあり、観戦するほうも緊張する、華やかで見どころの多い演技と言えましょう。落下、技の停止、手以外での体で支え、着地のバランスの崩れが減点の対象。

跳馬

助走し、ロイター板で踏み切って跳馬します。その際、回転したり体をひねったりして2本のラインの内側に着地します。一瞬で終わる競技ですが、スピードと迫力のある技で着地がピッタっと決まると高得点に繋がります。白井健三や内村航平選手の難易度の高い技は評判があり、検証されることによって更なる技術の革新が期待されることでしょう。

まとめ

Nobueさん(@nobue0117)がシェアした投稿


世界的のトップレベルにある男子体操。白井健三選手やキングオブジムナスト(体操の王者)と呼ばれる内村航平選手へますます期待が高まります。2020年に向けて、これから無名の選手が突如現れるかもしれません。大会のルールも検証され改正も行われており、東京オリンピックで一番関心の高い種目と言えます。ぜひ、体操男子に注目してみて下さい。

2020年東京で開催されるオリンピック。その評価と検証からみる楽しみ方

2020年東京オリンピックへの期待はいよいよ高まりつつありますが、どんな期待が寄せられているのでしょう。国内での評判は?オリンピックへの取り組みは?海外の反応は?などいろいろな角度から現在の評価を見てみましょう。また、過去に於けるオリンピックの検証がこれまでにどの様になされたのかも気になるところです。ここではオリンピックを楽しむための情報を評価と検証から探ってみましょう。

Chiyoさん(@haru.miyu_gram)がシェアした投稿

国内の反応は?

NHKの国民意識調査では、2020年の東京開催への評価は86%でオリンピックの関心は81%と高く、開催が近づくにつれてもっと高くなっていくことが予想されます。1964年の開催から65年ぶりの開催でしかも、開催期間が17日間から30日間に大幅に長くなったこともよい評価と期待に繋がっているでしょう。また、当時の20競技から33競技となり5競技18種目と増えます。新しく加わった人気のスポーツの野球や空手、スノーボードなど多種多様な競技で更にファンも増え、評判も高めることでしょう。選手の数も倍増すると予想されています。

1964年は日本の高度経済成長時代でインフラの整備やTVの普及に大きな経済効果をもたらしました。2020年のオリンピックは現在の低迷した経済に風穴をあけ、レガシー効果も含めた期待で経済界、観光業界への経済波及も大と言えます。また、大いに注目されるのはAIの開発と活用が急速に増えることです。スポーツ競技の分析や強化にAI活用が進んでいますし、インフラ整備に於ける人工知能の自動車開発。競技施設や宿泊施設の機能、セキュリティ強化などに目覚ましい開発が進んでいるので更なる発展が期待されています。

平昌オリンピックでは、チケットの販売方法で国際オリンピック協議会(IOC)の取り組みが批判されたことから、チケットに関する実態が検証され反省されているので、今後はルールの見直しで改善されることでしょう。

海外の人気は?

東京オリンピックへの海外の評価はおおむね高く、オリンピック効果で日本の観光はこの5年間で訪日観光客が連続更新されていています。アジアに於ける日本の人気が高まってきていいるのが窺えます。経済省では2020年のオリンピックには4000万人の訪日外国人を予想しています。

過去の開催国の状況も検証しながら国を挙げて外国人の受け入れの強化を図っているところと言えます。また、リオオリンピックの閉幕時に、次期開催国として登場した日本のパフォーマンスが海外メディアに高く評価され、東京オリンピックへの期待が寄せられたのも確かなことでしょう。

まとめ

開催地東京では、評価や評判と共に、テロなどの事件や、交通渋滞、外国人とのトラブルなど暮らしへの不安も隠せないものがあります。しかしながら、国民の81%が期待を寄せていることから、過去を検証し安全で楽しめるオリンピックになることを切望するものです。