怪我をした時の応急処置!アイシング方法の評判検証

スポーツなどで捻挫や打ち身などの怪我をした時、応急処置として使われる「アイシング」治療。
氷や水などの冷たい物で患部を局所的に冷やし、血管を収縮させることで止血をしたり、痛感神経を麻痺させ痛みを軽減させたり、炎症を抑える効果もあります。
アイシング治療にはいくつかの方法があり、どのような方法がどの状況に適しているのか、またアイシングを行ううえで気をつけなければいけないことなど、評判検証していきましょう。

アイシング治療の方法はいくつある?どの方法が1番安全?

一般的に行われているアイシング方法としては

  • コールドスプレー
  • コールドパック
  • 冷湿布

などが上げられますが、効果やリスクは様々で、アイシングとしての効果がないものもあるのです。
この中で1番効果的なのは「氷」でのアイシングです。水と一緒にすることで凍傷を起こす危険性も少なく、アイシングの評判検証した中では1番安全性が高く速効性のある方法です。

氷以外での方法は効き目が少ない?!

SHI-FANさん(@shi_photo28)がシェアした投稿


アイシングの効き目が高そうな、コールドスプレーや冷湿布は患部への「冷却」としての効果はあまり得られないそうです。
コールドスプレーや冷湿布は皮膚表面を冷やしているだけで、炎症を起こしている筋肉などの患部までは行き届かないのです。またコールドスプレーに関しては、一時的に感覚が麻痺してしまうため、痛みが無くなったと勘違いし患部を動かし、さらに悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

コールドパックでのアイシングは凍傷のリスクが大きい

コールドパックには保冷剤やジェルタイプのものがありますが、専門的な視点からの評判検証をすると、どちらもあまりおススメはできないようです。
保冷材に関しては、冷却性が強すぎるため凍傷を起こしやすいので、行う場合はタオルなどでしっかり保護し行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
「怪我をした時の応急処置!アイシング方法の評判検証」をご紹介しました。
アイシングと言っても様々な方法があり、医療機関では冷却器具などを用いる方法もあるようです。
患部の炎症を抑えるためのアイシングは、方法や時間を間違ってしまうと“凍傷”を引き起こすこともあります
皮膚の感覚が、冷たい→熱い→ヒリヒリする→感覚が麻痺してくる、となった場合は凍傷の可能性があるので、アイシングの知識が余り無い場合は、時間や皮膚の状態を確認しながら行うようにするといいですね。